【小岩・篠崎の鍼灸整骨院】ケガから慢性的な肩こり・腰痛、交通事故、リハビリまで対応

ReBOOT鍼灸整骨院 ロゴ

お電話でのご予約・ご相談はTEL.03-6638-6250

メールでお問い合わせはこちら

LINEで予約はこちら

江戸川区北篠崎2-4-36クレセントハウス101

アクセスはこちら

アクセス

お知らせ・ブログ

ハンドボールで起こるケガについて②~成長期の子供編《オスグット》~

カテゴリ:ブログ

こんにちは、小岩・篠崎エリアにある
ReBOOT(リブート)鍼灸整骨院です

今回はハンドボールをしている
子供達に多いケガをお伝えします

まず、成長期の子供の骨は
成長スピードが速く、柔らかい
という特徴があります

下記の図は成長期の子供の
年間身長増加量を示したグラフです

年間で身長がもっとも伸びる時期、
特にphase2~3にあたる部分では
一年で身長が8㎝以上急激に伸びます

そのため、筋肉や腱などの成長が
骨の成長スピードに追い付かず、

筋が硬くなり、柔軟性が低下します


(※参考文献:『競技者の外傷予防』医歯薬出版株式会社)

成長期には硬くなった筋肉によって
柔らかい骨に負担がかかることで
大人では起こらないようなケガが発生します

《代表例》
オスグット、セーバー病、ペルテス病
野球肘、外脛骨などの骨端症

今回はオスグット病についてお伝えします

オスグット病は膝のお皿の下にある
隆起した骨(脛骨粗面)に痛みが出現し
10~14歳の男の子に多いケガです

特に、ハンドボールやサッカーのような
ジャンプやキック動作が多いスポーツで
よく見かけるケガです

 

【原 因】
①オーバーユース(使いすぎ)
②ミスユース(使い方の間違い)

【症 状】
①隆起した骨(脛骨粗面)を押した痛み
②抵抗を加えながら膝を伸ばすと痛い

③炎症が強いと、膝を曲げられなくなる・腫れる

膝に上記のような症状が現れたら
お早めにご相談ください

痛みを我慢しながらスポーツを続けると
治りにくくなる可能性が高まります

また、悪化することで
骨折や手術が必要なケースがあり、
部活動や習い事が出来なくなることもあります

当院では、お子様のケガの原因を
いち早く特定し
症状を改善していきます

【施術の内容】
①膝関節の位置やズレを調整
ももの筋肉の柔軟性を獲得
①、②より脛骨粗面への負担を軽減します

 

また、リハビリで
股関節や膝の使い方を学習し、
正しく身体を使うことで症状を改善し、
更には、パフォーマンスまで向上します

このブログをご覧いただいている
お父さん、お母さん、監督、コーチの皆さん、

成長期だからと軽視せず、
お子様が膝の痛みを訴える場合は
当院もしくは近くの医療機関へご相談下さい

※ご来院時はマスクの着用をお願い致します
※感染症対策の為、完全予約制となっております
※ご予約の変更・キャンセルは前日までにお願い致します

ReBOOT(リブート)鍼灸整骨院
東京都江戸川区北篠崎2-4-36
クレセントハウス101
【要予約】電話03-6638-6250

Facebook:
https://ja-jp.facebook.com/seikotsuin.ReBOOT/
instagram:
https://www.instagram.com/reboot_shinkyu_seikotsuin/
twitter:
https://twitter.com/ReBOOT_AC_JU
LINE@:
https://page.line.me/pjy3314d

ブログトップへ

Tel:0366386250 LINEで予約はこちら